NPO法人皮膚病理発展推進機構関連 ポスター発表(一部を掲載)

 

2011年2月29日
第385回日本皮膚科学会北海道地方会
 
隆起性皮膚線維肉腫との鑑別を要した孤在性線維性腫瘍の1例
2010年10月23日-24日
第62回日本皮膚科学会西部支部学術大会
 
脂腺癌の免疫組織学的検討 :有棘細胞癌、基底細胞癌、脂腺腫との比較
2010年4月16日-18日
第109回日本皮膚科学会総会
 
Folliculo-sebaceous cystic hamartomaの臨床病理学的検討
2008年10月18日-19日
第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会
 
「黄色肉芽腫(Xanthogranuloma)126例の臨床および病理組織学的検討」
2008年2月17日
第33回札幌市医師会医学会
 
「皮膚の真菌感染症ー当施設において2001年から 2007年に病理診断された症例の検討」
2007年9月22日-23日
第71回日本皮膚科学会東部支部学術大会
 
Proliferative noduleを伴った色素細胞性母斑の1例
2006年10月14日-15日
第70回日本皮膚科学会東部支部学術大会
 
脂腺癌(Sebaceous carcinoma)の臨床病理学的検討
2006年9月15日-17日
The 9th China-Japan Joint Meeting of Dermatology
 
CPC Session
2006年6月2日-4日 第105回日本皮膚科学会総会
    『Basal cell carcinoma:基底細胞癌の臨床病理学的検討』
2006年2月19日 第31回札幌市医師会医学会
    臨床診断が粉瘤(アテローマ)で、病理診断が別疾患であった場合の症例の検討
2005年10月20日-23日 第42回アメリカ皮膚病理学会
    Follicular cyst, Isthmus-catagen type, with several new findings.
The histopathological study of 92 cases in Japanese patients.
2005年4月22日-24日 第104回日本皮膚科学会総会
    口唇部のVenous lake: 静脈湖と臨床診断された37例の臨床病理学的検討
2005年4月22日-24日 第104回日本皮膚科学会総会
    Follicular cyst, isthmus-catagen type (Trichilemmal or Pilar cyst)の臨床病理組織学的検討
2005年4月22日-24日 第104回日本皮膚科学会総会
    脂腺母斑の臨床病理学的検討
2005年4月14日-16日 第94回日本病理学会総会
    Rippled patternを示した脂腺腫(Sebaceoma)の一症例
2003年4月23日 第92回日本病理学会総会
    多発性硬化症(MS)におけるインターフェロン (INF)β1b
の局注療法による浸潤性紅斑の4例の検討



 

 

木村 鉄宣 講義使用ファイル(これまでの講義より(一部を掲載)

 

2013年5月11日〜12日
いむーのセミナー 
  「皮膚腫瘍の免疫組織化学染色1」(22.4MB)
  「皮膚腫瘍の免疫組織化学染色2」(45.1MB)
2007年12月8日
IAP教育シンポジウム (Movie・198.8MB)
 
※ダウンロードには時間がかかります。また、視聴にはQuick Time Playerが必要です。
「炎症性皮膚疾患:病理医が求める病理診断報告書」
2007年7月1日 関西ダーモスコピー研究会 (PDF・10.8MB)
    「色素細胞製病変Melanocytic lesionの臨床・病理像と 診断の落とし穴 」
2006年11月15日 北海道大学 病理学講義 (PDF・5MB)
    「皮膚科医は病理医だ!?臨床と病理の関係」
「絵あわせ診断の欠点を克服する ー アッカーマン皮膚病理診断学」
2005年12月5日 ・北海道大学 皮膚科講義
「臨床をみると病理が、 病理をみると臨床がわかる。皮膚科医は病理医である」
「皮膚病理診断学」
    ※ダウンロードサイトに移動します 北海道大学講義
2005年12月4日 神奈川県皮膚科医会例会 (PDF・12.4MB)
    皮膚病理の常識と非常識 ケラトアカントーマ
2005年11月19日 IAP教育スライドセミナー (PDF・21.3MB)
    炎症性皮膚疾患
2005年11月16日

・北海道大学病理講義
・顕微鏡皮膚病理診断の手引き
・顕微鏡皮膚病理診断演習その1
・顕微鏡皮膚病理診断演習その2
・PC皮膚病理診断演習その1
・PC皮膚病理診断演習その2

    ※ダウンロードサイトに移動します 北海道大学講義

 

ご協力により集めた学会発表データ

 

山本明美先生 (旭川医科大学皮膚科) 病理組織標本にみられる表皮分化の異常とその背景
2010年4月16日-18日 第109回日本皮膚科学会総会 発表スライドより

 注:Adobe社から最新版のflash playerを取得されることをおすすめします。

 

 

注意事項

本パワーポイント内データの著作権は作成者に帰属し使用目的は個人の復習、独習に限らせていただきます。
画像などのデータを不法にコピーすることは著作権の侵害にあたり違法行為となりますのでご注意ください。