NPO法人皮膚病理発展推進機構    皮膚病理倶楽部

基金にご協力ください

NPO法人皮膚病理発展推進機構は、世界における皮膚病理研究の発展/浸透を目指し、
その活動の一環として基金を設立し、意欲にあふれる外国人研修生のための奨学金を募っています。
どうぞ皆様からの温かいご協力をよろしくお願い致します。

Lee Bang Rom Jason さん(マレーシア)

研修期間:2012年7月から2012年12月(6ヶ月間)

研修は終了いたしました。みなさまのご支援ありがとうございました。

研修日記はこちらから

 

Lee Bang Rom Jasonさんから皆様へのメッセージです:

I received my M.B.B.S from University Malaya in 1999 and completed Master in Pathology at National University Malaysia in 2007. I continued a short period (2008) of dermatopathology attachment with Dr Kreetharan Ayadurai, our country sole pathologist whom had completed attachment with Prof Dr Bernard Ackerman. Dr Kreetharan is currently retired.
Currently, I am serving as histopathologist in Hospital Kuala Lumpur (HKL) and senior lecturer in Universiti Putra Malaysia.
Since 2008, I have been working closely with the dermatologists from various hospitals in Kuala Lumpur. As a pathologist, I do realize my own weakness of practicing dermatopathology without adequate clinical knowledge. The dermatopathological description alone without proper interpretation and clinic input leaves the pathology report meaningless. Most of the time, my dermatologist colleagues don’t find my report useful in their patient management. Therefore, I then proceeded and completed the Diploma in Dermatology training at National University of Singapore in 2011. Since then, despite busy laboratory pathology works, I have requested a half day attachment and clinic session weekly in dermatology clinic HKL.
My interest in dermatopathology grew even more as the emerging and increasing unsolved and difficult cases in my routine serving in dermatopathology cases. Without proper supervision and guidance, indeed, I could solve some by text book reference but left many behind with unsolved doubts.
I am grateful for Dr Tetsunori Kimura acceptance for my attachment in Sapporo. I do wish to continue the passion and love in dermatopathology with Dr. Tetsunori Kimura and his colleagues. I wish to learn the Japanese spirit in dermatopathology working procedure. I shall fully utilize this opportunity to enhance my dermatology knowledge.
I also sincerely appeal for financial aims from NPO Japan Dermatopathology Promotion Organization to support my training fee and daily expense during my attachment period. Thank you.

Lee Bang Rom Jason, MBBS, Master in Pathology
Department of Pathology,
Faculty of Medicine, Universiti Putra Malaysia
------------------------------

 

私は1999年にマレーシア大学よりMBBS(医科学士および外科学士)を受け、2007年に国立マレーシア大学にて病理学の修士課程を修了しました。その後私は、我が国でBernard Ackerman博士の過程を完了した唯一の病理学者であるKreetharan Ayadurai博士の皮膚病理学過程を短期間継続しました(2008年)。 Kreetharan博士は現在退職されています。
現在、私はクアラルンプール病院(HKL)の病理組織学者とマレーシア・プトラ大学の上級講師を務めています。
2008年以降、私は、クアラルンプールの様々な病院の皮膚科医と密接に働いています。病理学者として、適切な臨床知識もなく皮膚病理学を実践しているという自分の弱点を私は認識しています。正しい解釈や臨床的データもない皮膚病理学の説明だけでは、病理検査報告書も無意味なものになります。ほとんどの場合、私の皮膚科医の同僚は、患者を管理するのに私のレポートが役立たないことに気付いています。そこで私は大学の皮膚科学講義を受け始め、2011年にシンガポール国立大学の皮膚科研修でディプロマを取得しました。それ以降は、研究室での病理研究が忙しいにもかかわらず、クアラルンプール病院での皮膚科の半日講義や臨床会議に毎週参加を要請しています。
皮膚病理学の症例に従事する毎日の業務の中で、未解決な症例や困難な症例が新たに出現しそして増えていくごとに皮膚病理学に対する私の関心はさらに大きくなっていきました。実際、正しい監督や指導がなくとも、教科書を参考にしていくつかの症例を解決することはできましたが、未解決の疑問とともに多くの症例が手つかずのまま残りました。
私は、札幌で木村鉄宣先生が私の研修を受け入れてくださることに感謝しています。木村鉄宣先生と彼の同僚と共に皮膚病理学の情熱と愛を持ち続けたいです。私は皮膚病理学の診断手順について日本の精神を学びたい。私は私の皮膚科知識を高めるためにこの機会をしっかりと利用するつもりです。
また、NPO法人 皮膚病理発展推進機構からの、私の研修期間中の研修費や生活費サポートのための財政的支援を心から願います。
ありがとうございます。
リー・バンロムジェイソン、MBBS、病理学修士
マレーシア・プトラ大学医学部病理学教室


(事務局 訳)

Lee Bang Rom Jasonさん奨学基金へのご協力まことに有り難うございました。

(五十音順。敬称略。掲載許可者のみ掲載。)

2012年12月ご協力者

佐野克行  Katsuyuki Sano

2012年5月ご協力者

福岡皮膚病理診断研究所 桐生美磨

阿部 俊文 Toshifumi Abe

 

NPO法人 皮膚病理発展推進機構

〒001-0018 札幌市北区北18条西3丁目2-21
TEL:090-6997-8054 FAX:011-351-1663