NPO法人皮膚病理発展推進機構    皮膚病理倶楽部

Mostafa Ibrahim Attia さん(エジプト)

研修期間:2011年11月から2012年8月

研修は終了いたしました。みなさまのご支援ありがとうございました。

研修日記はこちらから

Mostafa Ibrahim Attiaさんから皆様へのメッセージです:

I am Mostafa Ibrahim Attia; from Egypt. I am graduated at Faculty of Medicine, Cairo University in 1999. I have been conferred the Doctoral degree in dermatology in 2009, from Cairo University, and the PhD degree in dermatology in 2011, from Osaka University. I am now lecturer in Dermatology Department, Faculty of Medicine, Cairo University.

I am interested in dermatopathology. This is especially because my Egyptian supervisor is a leading dermatopathologist in Egypt; Prof. M.A. El-Darouty, and he has been teached by Prof. Ackermann; the founder of dermatopathology. 

While I was studying my PhD course in Osaka University, I met Dr Chika Ohata; a dermatopathologist in Dermatology Department, Osaka University; who teached me that Dr. Tetsunori Kimura is the leading dermatopathologist in Japan.

I met Dr. Tetsunori Kimura at 109th JDA meeting held in Osaka in 2010. I expressed to him my interest to learn about dermatopathology and my concerns regarding my PhD course and my financial abilities.   After finishing my PhD course, I expressed my willingness to Dr. Kimura to start a dermatopathology training course under his supervision.

Because of my financial situation, it is out of my ability to fully support myself for 1 year at Sapporo. I need the help of NPO Japan Dermatopathology Promotion Organization to support my training fee and daily expenses.

I am very grateful for your understanding. I hope that your support will lead me to establish a second generation of outstanding dermatopathologists in my country.

Thank you!


Mostafa Ibrahim Attia, M.D, PhD.
Department of Dermatology,
Faculty of Medicine, Cairo University
------------------------------

 

エジプトから来ました、モスタファ・イブラヒム・アッティアです。1999年にカイロ大学医学部を卒業し、2009年に同大学の皮膚科学博士号、2011年には大阪大学の皮膚科学博士号を授与されました。現在はカイロ大学医学部皮膚科で講師を勤めています。

私は皮膚病理学に興味を持っております。特に、私のスーパーバイザー、M.A. El-Darouty教授がエジプトにおける先導的皮膚病理研究者であるからという理由もあります。彼は皮膚病理学を確立したAckerman教授に師事していました。

大阪大学の大学院博士課程で学んだとき、同大学の皮膚病理学研究者である大畑千佳先生に出会い、木村鉄宣先生が日本での先導的皮膚病理研究者であると教えていただきました。

2010年に大阪で行われた第109回日本皮膚科学会総会において、木村先生とお会いしました。私は皮膚病理学に興味があることをお話しし、そして博士課程や資金について相談しました。そして、博士課程修了後、改めて木村先生の指導の下で皮膚病理研修を行いたいとアピールしました。

札幌で1年間を過ごすことは、私の個人資金だけでは難しく、NPO法人皮膚病理発展推進機構からの奨学金によって研修費用と生活費を支援していただく必要があります。

皆様のご理解をいただければ大変幸いです。皆様のご支援により、私の研究がエジプトにおいて次の世代を担う優秀な皮膚病理研究者たちにつながるよう望んでおります。

どうぞよろしくお願いいたします。

カイロ大学医学部皮膚科
モスタファ・イブラヒム・アッティア, M.D. , PhD.


(事務局 訳)

Mostafa Ibrahim Attiaさん奨学基金へのご協力まことに有り難うございました。
(五十音順。敬称略。掲載許可者のみ掲載。)

2012年5月ご協力者

福岡皮膚病理診断研究所 桐生美磨

阿部 俊文 Toshifumi Abe

2012年3月ご協力者

福本隆也 Takaya Fukumoto

 

NPO法人 皮膚病理発展推進機構

〒001-0018 札幌市北区北18条西3丁目2-21
TEL:090-6997-8054 FAX:011-351-1663