第9回インターネット皮膚病理診断検討会

抄録

演題番号 001

 

「出生時からの頭部の結節」
中里 信一(北海道大学皮膚科)

001

掲示板

症例:2歳6カ月、男児
臨床診断:結合織母斑
病歴:出生時から頭部に皮疹があり、少しずつ隆起してきたため2年前に当科を初診した。結合織母斑を第一に疑い、初診時と1年前に計2回部分生検を行った結果、典型的な結合織母斑の組織像とは異なっていた。現症は、2.0x1.4cmの軽度隆起した正常皮膚色の弾性硬の結節であり、毛髪を伴う。今回、全摘生検を施行した。

 

 

 

△TOP