発表用powerpointスライドへの解説のつけ方

 

 

発表用powerpointはweb上での公開となりますため、通常のスライドに解説(ナレーション)をつけてお送りいただくと臨場感あふれるCPCとなります。

 

 

powerpointへの解説(ナレーション)の付け方

方法は簡単!powerpointメニューの「ナレーションの録音」を押し、
スライドショーに合わせて解説をつけていくだけです!!

◆ ナレーション録音の簡単ステップ ◆
STEP1
いつも通り
powerpointスライドを作る
STEP2
マイクの調整を行う
STEP3
ナレーションを録音する
 
STEP4
ナレーションを保存する
STEP5
ファイルを上書き保存する
完了

 

 

 

STEP1  まずは通常の発表と同じようにpowerpointスライドを作ります。

 

STEP2 ナレーション録音のためマイクの調整を行います。
powerpointスライドの完成後、powerpointメニュー「スライドショー」の中ある 「ナレーションの録音」をクリックします。

 

図1 

 

すると・・・以下のような画面が表示されます。
まずは上から3段目「マイクの音量設定」をクリックしてマイクの音量設定をお願いいたします。

図2 

 

「マイクの音量設定」をクリックするとこのような画面が表示されます。
出てきた指示に従ってテストをしてください。

図3 

STEP3 スライドを見ながらナレーションの録音を開始します。

マイクの確認が終わったら次はいよいよナレーションの録音です。
図2の「OK」を押すとスライドショーに切り替わり、ナレーションの録音が始まります。

いつもの発表と同じように、スライド毎に解説をお願いいたします。

  解説を話すときはゆっくりそしてはっきりとお願いいたします

 

 

STEP4 ナレーションを保存します

最後のスライドまで進み解説が終わったら、escを押してスライドショーを終了させると、以下のようにスライドのタイミングを保存するかどうか聞かれます。

「上書き保存」もしくは「はい」をクリックしてスライドのタイミングも保存してください。

図4 


 

 

STEP5 powerpointファイルを上書き保存する

  ナレーションの録音が終わったら、ファイルを上書き保存して終了です。

 

以上でpowerpointスライドにナレーションがつきました。スライドショーを実行してみてください。先程録音した解説がスライドとともに流れれば成功です。

 

以下の点をご確認ください

1. お手持ちのコンピューターにマイクは標準搭載されていますか?
 コンピューターの使用解説書などをご覧になり、予めご確認ください。
 マイクが標準搭載されていない場合は、外付けマイクをつないで録音してください。

2. ナレーションの内容を予め文章にしておき、それを読み上げながら録音をすることをお勧めします。

 

 

インターネット皮膚病理診断検討会ホームへ戻る

 

ご不明な点は事務局までご連絡ください。