第8回インターネット皮膚病理診断検討会

抄録

演題番号 006

 

「顔面に生じた紅斑」
山里 志穂(京都府立医科大学皮膚科)

009

掲示板

症例は81歳、女性。3年前からの顔面のそう痒をともなう紅斑を主訴に近医皮膚科より紹介され、2014年10月に当院を受診した。これまで受診した数カ所の皮膚科では数種類のステロイド外用剤が処方されたが、外用により一時的に症状が軽快するのみで、消退はみられなかった。当院初診時、前額部両外側に浸潤を触れる紅斑局面を認め、接触皮膚炎、好酸球性膿疱性毛包炎、深在性ループスなどを鑑別にあげ、皮膚生検を施行した。

 

 

 

△TOP